春日市・大野城市・那珂川市・福岡市南区近郊で家族葬・お葬式のことならセレモール

偲びの儀~故人様に感謝を伝える~

生前に、故人様と心から打ち解けて話をしてきたでしょうか。
葬儀を終えた多くの方が「自分の気持ちを伝えることができていなかった」と仰っています。
私どもは、生前にはなかなか伝えることができなかった「感謝の言葉や気持ち」を、お一人お一人が故人様に伝えていただく「偲びの儀」の時間を設けています。
偲びの儀では、おひとりずつ「末期の水」を取り、「感謝花」を捧げ、故人様にお声を掛けていただきます。
現在、末期の水を取る儀式はあまり行われていませんが、私どもはこの末期の水を故人様を見送る「大切な儀式」と考えています。入滅を悟ったお釈迦様が「口が乾いたので、水を持ってきて欲しい」と弟子の阿難に頼んだとの由来から、臨終を迎えた者の命が永らえることを願って、口元に水を潤すように行います。
私どもが目指すお葬式は「故人様を安らかに感謝で送りたい」との願いを込めて、遺された者が故人様の尊厳を高め、想い出を共有し、遺されたものの人生を見つめ直すための出来事です。
お役に立てるよう誠意をもって務めさせていただきます。

通夜式の約2時間前に執り行います。