春日市・大野城市・那珂川市・福岡市南区近郊で家族葬・お葬式のことならセレモール

頼朝、正子と住吉神社2022/11/2

住吉神社は当時の平家に反抗し、神官昌助達は流罪となりました。流された先は伊豆でした。そこへ昌助の弟昌長が訪ねてきました。やがて近くにいた頼朝と親しくなり、昌長は祈祷や占いで頼朝に仕えました。頼朝の最初の蜂起、山木館の襲撃にも参加しています。その後石橋山の戦いの前に、頼朝の妻正子が伊豆山神社に避難する時、同道しています。自分の妻が逃げるとき、一緒に行かせるとは頼朝の信頼が厚かったのでしょうね。九州の人間が、頼朝の直接の御家人となり、正子とも近い関係だったとは、驚きです。昌助、昌長の兄弟は、流人の境遇から逆転、時の人となりました。人の運命とは不思議なものです。その後住吉神社が鎌倉時代筑前一宮を称し栄えました。

写真は伊豆山神社

春日市を語ろう!その歴史と文化・遺産のすべての記事を見る