春日市・福岡市南区近郊で家族葬・お葬式のことならセレモール

春日市を語ろう!その歴史と文化・遺産

2022-06-13更新

派遣される神様

中世は神々が現実の存在だと人々は思っていました。各地に領地をもつ大きな神社は、その地に神様を派遣します。村に領主の神社と同じ神を祀る神社を創建しました。派遣された神様の役目は、第一は領地の安全と豊作です。もう一つは、領地 […]

[ 詳しくはコチラ >> ]

2022-05-13更新

白水庄の女姓の領主

京都石清水八幡宮に「検校成清譲状」が残されていました。建久三年(1192)鎌倉時代初めの頃のもので、白水庄を娘である鶴姫に譲った記録です。これが春日市に関する最古の文字の記録です。そのなかに成清が、姉と考えられる紀太子( […]

[ 詳しくはコチラ >> ]

2022-04-16更新

石田三成、小早川秀秋と春日

豊臣秀吉の九州平定後、筑前は小早川隆景に与えられました。隆景は秀秋を養子として迎えました。 慶長3年(1598)突然秀秋は領地を取り上げられ、越前北ノ庄に転封となり、筑前は秀吉の直轄地となりました。 秀秋は慶長の役で朝鮮 […]

[ 詳しくはコチラ >> ]

2022-03-14更新

春日にはいつごろから人が住んだか?

縄文時代の前、土器は無く、狩猟を中心に採集などで生活していた時代を、旧石器時代と言います。 春日でもこの時代の遺跡が見つかっています、上白水門田地区、新幹線基地の所です。 (写真:門田遺跡で見つかった縄文最古級土器爪型文 […]

[ 詳しくはコチラ >> ]

2022-02-14更新

なんで春日市と呼ばれているの?

本年春日市は市制施行50周年の記念する年です。 春日市になる前は春日町、その前は春日村でした。 江戸時代から明治時代の前半は、春日市は須玖村、小倉村、上白水村、下白水村、春日村の5つの村でした。 明治21年(西暦1888 […]

[ 詳しくはコチラ >> ]

2022-02-14更新

「春日市を語ろう!その歴史と文化・遺産」掲載にあたって

私どもは地域密着を大切にして、地域貢献に取り組んでいる葬儀会社です。 我がまちの成り立ちや歴史、文化を知ることによって、日々の生活が潤い、人と人のつながりができ、深められるものと確信しています。 この取り組みが、皆様方の […]

[ 詳しくはコチラ >> ]